高校生のための

大学合格
成功体験物語

神戸芸術工科大学 芸術工学部

パンフ・願書をもらおう
※インターネット出願のため、願書の送付はありません。
自分の作品を上達させたい思いで頑張りました
神戸芸術工科大学   大学合格者の声
神戸芸術工科大学 大学合格者の声

芸術工学部 アート・クラフト学科 1年生
兵庫県立星陵高等学校出身

圷 真成実

受験する大学を決めた理由・きっかけ!

私は描くことよりも作ることのほうが好きだったので、アート・クラフト学科がある神戸芸術工科大学のオープンキャンパスに参加しました。最初は、芸術工学は自分には関係ないかなと思っていましたが、先生方から話を聞いてみるとすごくおもしろく、「芸術+工学」という考え方に興味を持つようになりました。

私の受験・合格までの道のり!

得意な科目を自由に選択して受験する11月の公募推薦入学試験Ⅰ期入試の鉛筆デッサン、イメージ表現、持参作品の3科目を受験しました。持参作品は、作品のクオリティより独自性があるほうが興味を持ってもらえると思い、平面デザインやアクセサリー、人形など、珍しい材料を使って製作しました。思い入れのある作品を持参したので、面談では質問に対してたくさん話すことができました。

受験勉強で成功したこと!

高校3年生の春から画塾に通い、同年代の方の作品を見て、自分と同じく受験を頑張ろうとしている塾生の人たちから刺激をもらいました。入試のためだけに絵を描き続けると、描くことが嫌いになる人が多いと聞いていたので、どちらかというと自分の作品を上達させたい思いで頑張りました。

こうしてモチベーションを上げました!

画塾には絵の上手な人がたくさんいて、自分の絵が下手であることが、すごくよくわかりました。それで傷つくこともありましたが、追いつかなければ、とモチベーションにもなりました。上手な人の作品をじっくり見て技法を学び、自分のものに出来るように作品と向き合えたのが良かったと思います。

私のオススメリフレッシュ!

絵描きの方の動画を見るのが好きでした。自分にはない技術を使っているので、とても勉強になりました。ほかにも、音楽を聴いて絵を描いたり、休憩中も出来るだけ絵の上達につながることをするように意識していました。動物専門の動画アプリを、移動時間や寝る前に見てリフレッシュすることも大切な時間でした。

進路を考える高校生へのアドバイス!

芸術の道は自分には難しいと思っていた時期もありました。それでも私は絵を描き、作品制作をしたい気持ちが強くあったので、その道を選びました。挑戦せずに後悔するより、まずはチャレンジしてみることが大事だと思うので、やりたいことがあるなら、勇気を出してその道に進んでほしいです。

この先輩が通っているのは

神戸芸術工科大学

パンフ・願書をもらおう
※インターネット出願のため、願書の送付はありません。