高校生のための

卒業生の声

自分が輝ける場所を見つけることができました!
日本外国語専門学校 卒業生
日本外国語専門学校 卒業生

新幹線パーサー

国際エアライン科 キャビンアテンダント専攻 2022年卒
ジェイアール東海パッセンジャーズ勤務

R.Y.

学校でこんなことを学んでいました!

コロナ禍でさまざまな制限がある中、「これもできない、あれもできない」ではなく「何ができるのか」を先生方が考えてくださり、課外活動や特別授業が盛んに行われました。都内の高級ホテルでテーブルマナーを習う講座や、ジェットスター・ジャパンの全面的な協力のもと、訓練センターや空港での実習、そして日本外国語生のために飛行機を飛ばしていただいた周遊フライトなど。
その中でも印象に残っているのが、全日本空輸(ANA)でキャビンアテンダントやグランドスタッフをしている卒業生の先輩が来校して開かれた「先輩の話を聞く会」。エアライン業界採用中止というニュースに何をしたらよいか分からず、途方に暮れていた時でした。
先輩方の高校時代の話から日本外国語での思い出、採用に至るまで一人ひとりのストーリーをお話いただきました。先輩方の日本外国語時代のお話には共感することが多くあり、先輩たちも今の私のように同じ授業を受け、仲間と共に学び、悩んだ経験の後、夢を叶えたのだと憧れの人に少し近づけた気がしました。
そして、思うようにいかない状況だからこそ「今できることをやる」、「今できることを地道に取り組むことが結果に結びつく」といった言葉をかけていただき、その言葉に救われました。ついつい暗くなりがちだった気分が変化。上を向いて未来に向かって突き進んでいく力が沸き上がるように。この言葉を信じて勉強に励み、学校生活を送るようになりました。

この仕事を選んだ理由・きっかけ!

ジェイアール東海パッセンジャーズを知ったのは学内企業説明会「企業&業界セミナー」でした。セミナーの中で詳しく会社のことを聞き、すぐに「ここだ」と感じました。若いうちからキャリアアップができたり、車掌業務に携わることができたりするので視野を広げて業務を行い、目標をたてやすいと思ったからです。また、担任の佐々木先生から「素敵な新幹線パーサーになれると思う」と背中を押していただいたのも挑戦した理由の一つです。

私の就職活動!

就職できた勝因は、担任の佐々木先生や就職センターの遠藤先生、学科の先輩や友人などサポートしてくれる人が多くいたことだと思います。就職センターへ行くと、必ず遠藤先生が「大丈夫?困っていることはない?」と声をかけてくださりました。おかげで不安な気持ちを正直に話すことができ、自分だけでは解決できなかった問題も先生に話しているうちに解決していました。
佐々木先生には特に履歴書作成でお世話になりました。何度も何度も書き直し、添削していただいた回数は10回近く。途中で自分でも何が伝えたいのか分からなくなることがありましたが、先生と一緒に自分のアピールポイントを探したり、的確なアドバイスをいただいたりしたおかげで納得できる履歴書が完成。就職面接では主に履歴書をもとに質問があり、何度も考え、練った内容だったので自信を持って話すことができました。

将来、叶えたい夢・目標!

今後はお客様の心に寄り添ったサービスが提供できる新幹線パーサーになりたいです。新幹線パーサーは多くの方が利用する新幹線内で直接お客様にお会いできる魅力的な仕事です。幅広いお客様に対応するために、資格取得や乗務経験を通じてスキルアップすることが最初の目標。お客様の気持ちを汲み取り、共感し、自ら考え行動できる新幹線パーサーを目指します。

進路を考える高校生へのアドバイス!

高校生の時の自分に、「上京することを選んで正解だったよ」と伝えてあげたいです。親元を離れて暮らすことで自分の行動一つひとつに責任感が生まれました。知り合いがいない、新しい土地での新生活に最初は不安に思うこともありましたが、日本外国語は温かい人ばかり。先生たちのサポート体制が万全なのはもちろんですが、地方から上京してきているクラスメイトも多く、「一人じゃない」と頼りになりました。同じ目標を持つクラスメイトこそ、悩みに共感しあえる一番の理解者。そんな貴重な出会いがあふれる日本外国語での学校生活に感謝しています。
高校生の時の私と同じように、上京するか地元に残るか悩んでいる人は、ぜひ勇気をもって新しい環境に飛び込むことをおススメします。日本外国語なら、悩んだ時に支えてくれる人が多くいるので心強いですよ。自分の選択を正解にするために、全国から集まる仲間と全力で頑張りましょう!

この先輩が通っていたのは

日本外国語専門学校

パンフ・願書をもらおう
※資料・送料とも無料