高校生のための

卒業生の声

星槎道都大学

パンフ・願書をもらおう
※資料・送料とも無料
目標を明確にすると、自分の根幹ができあがります!
星槎道都大学 卒業生
星槎道都大学 卒業生

一級建築士

美術学部 建築学科 2000年卒
北スタイル株式会社 代表取締役

福島 敬

私の仕事の内容、やりがい、楽しさ!

星槎道都大学 卒業生

自分がデザインした住宅が、カタチになるのが何よりもうれしいです。同時に、ツメの甘さなどもそのままカタチになってしまいます。お客さまのご要望や条件等があり、100%納得できる内容にはなかなかたどり着けませんが、だからこそもっと勉強しなければいけないと思っています。満足して、そこで立ち止まってはいけない。次々と新しい業者、新しいデザインが出てくるので、常に勉強が必要です。

学校でこんなことを学んでいました!

何よりもゼミの先生との出会いに感謝しています。授業で海外での写真を見せてくれるなど、いい刺激をたくさんいただきましたし、いまの道につながる就職について親身に指導してくださいました。卒業設計では、おかげさまで大学の優秀賞をいただき、うれしかったです。

学校でこんなスキル・力が身につきました!

正直に言うと、大学へは何となく入学し、「家建てるのもいいかな〜」というノリで建築学科を選びました。授業も、ほとんどまじめには聞いていなかったです(笑)。でも、当時は気づいていませんでしたが、大学時代にいろいろなモノを見たり、触れる機会がありました。知らず知らずに感性を養ってもらっていたのでしょう。

この仕事を選んだ理由・きっかけ!

設計の仕事を希望していましたが、卒業後は教授の紹介を受けて現場施工会社へ就職しました。その後、戸建住宅の営業や設計の仕事に携わり、2011年に建築設計・監理の現会社を立ち上げました。

私の就職活動!

設計は、設備設計、構造設計、意匠設計(いわゆるデザイン)の大きく3つに分けられますが、当社では基本すべてを請け負っています。ここまで少し遠回りしたように感じていましたが、いま振り返るとすべてのプロセスがいまの道につながっています。営業、施工など住宅づくりをいろいろな角度から見られたので、設計の重要性がさらにわかりました。

進路を考える高校生へのアドバイス!

大学時代をのほほんと過ごしてしまった自分がいま感じるのは、できるだけ早く「自分がどうなりたいか?」を考えた方がいいということです。目標を明確にすると根幹がしっかりして、視野を広げる枝を張れます。最後は、自分の意志。私自身は社会に出て初めて気づきましたが、その分いまは必死に努力しています。まだまだ頑張ります!

この先輩が通っていたのは

星槎道都大学

パンフ・願書をもらおう
※資料・送料とも無料